2017年11月15日

モニター募集:ワイン試飲&座談会

             

11月に入り、肌寒い日がつづいていますが、

秋の味覚、楽しんでますか? 美味しいものを

頂くときのお伴は、そう!ワインですね。


この度、国内のワイナリーの依頼で、自社の

ワインを試飲し(自宅で)、その感想、また

ワインを飲むシーンやどう売り出したら

魅力的か、などシニアの皆さんに話しを

聞きたいとのこと。


ワイン好きの方には、ぴったりのモニターですが、

超高級な海外ワインしか飲まない、といった方は

ご遠慮ください。下記の条件と日程をご覧になり、

興味のある方は、ご応募ください。


条件:

(1) 60歳代〜70歳代、男性3名、女性3

(2) 赤ワインを自分で選んで購入する

(3) 日本のワイン、海外のワイン問わず飲む

(4) いろいろな価格帯のワインを飲む


座談会の日時:1215日(金)10001200


試飲用ワイン受け取り:1120日〜1124

           の間にお届けします


個人情報:今回のヒアリングでは、ワインを自宅で

  試飲していただきます。お届けは、

  Ryoma21事務局経由ですので、

     ご住所や電話番号などの個人情報は、

  外部に出ることはありません。


事前作業:自宅で試飲後、アンケート調査に答えて

  いただきます。また、ワインと一緒に

  食したお料理を写真に撮って、

  アンケートとともに事前に提出して

  いただきます。アンケートの回答は

  ワードで記入していただきます。


謝礼: ¥9,000/1名(当日お渡し)


会場: 銀座ビジネスセンター・セミナールーム

    (銀座風月堂ビル5階)


応募: 申込みは、多数と見込んでおりますので、

 早めのお申し込みをお勧めします。応募多数の

 場合は、主催者の意向にそって選考を行います。

 ご了承ください。


申込期限:1122日(水)


申込先: 鶴池史子 → tsuru@ryoma21.jp

     

皆さまのご協力、よろしくお願い致します。


posted by シニア市場調査 at 23:04 | Comment(0) | モニター募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

「菌活・腸活」座談会報告

1110日(金)、銀座ビジネスセンター会議室で

「菌活・腸活」のグループ・ヒアリングが行われ

ました。あまり聞きなれないテーマですが、 

身体に良いとされる乳酸菌、納豆菌などをどの

程度、どのように摂取しているのか、を中心に

話し合う座談会形式のヒアリングでした。


健康への意識の高い6名のシニアに集まって

いただき、情報交換や食事のこだわりなど話しを

してもらいました。スタートは、事前アンケート

コメントした内容についてモデレータからの質問

に答える形で進んでいましたが、皆さん流れを

とらえて、率先してコメントやこだわりなどを

話しはじめ、活発なセッションとなりました。


腸内環境を良くする食品に、殆どのメンバーが、

ヨーグルトと納豆をあげていました。ヨーグルトは

甘さ控えめを使用、納豆の匂いやネバネバが気に

なる場合の対処方など、それぞれの工夫や「技」が

紹介され、皆さん、メモをとっていました。


健康意識が高いメンバーばかりでしたので、

普段どんな運動をしているかなどの健康維持の

話題にも及び、幅広い知識を持つモニター

グループだったことも明らかになり、主催者

チームの若いモデレータから、「学ぶことが

多かった」と座談会の終了後コメントを

いただきました。


事前アンケートでは、菌活を意識した食事の

写真を提出することが求められました。参考

までにその写真を2ほどご紹介します。身体に

良さそうな朝食を一日の始まりに摂り、若さと

パワーを維持していることがよく分かります!


あさごはん2.jpg      あさごはん.jpg

 モニターMAさん      モニターTAさん

 の朝食            の朝食

 

posted by シニア市場調査 at 22:35 | Comment(0) | 調査実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

「はちみつ」について座談会

暑い七夕(7月7日)の朝、「はちみつ」に関する

調査のモニター6名が銀座に集結。メンバーは、

1名と女性が5名。全員が60歳代。主催側からは、

7名出席。「はちみつ」をどう使っているのか、好み

やこだわり、容器に対する要望、などについて

シニアの声を聞かせて欲しい、という挨拶で

座談会はスタート。

    Honey2.jpg モザイク1Honey.jpg

事前に提出したアンケートをもとに、モデレータが

各モニターに使い勝手、こだわり、保管方法などに

ついて、質問する形で座談会は進みました。産地、

品質、値段などについて、活発な意見交換の時間も

ありました。話し合うなかで、健康を意識して料理

やドリンクに使っているが、シニアは化粧品として

あまり活用していないことが判明。


「はちみつ」は、自然の恵みであり、産地によって

味もバラエティーに富み、楽しめるという結論が

出たところで、座談会は終了。最後に、どんな容器が

使いやすいかの問いに、中の蜜を出した後、手や周り

がベトベトしないデザインベスト」という

発言に一同うなずいていました


全体を通して、皆さん、積極的に意見や考えを述べ、

何よりも楽しそうに「はちみつ」談義に加わって

いました。


主催者からは、とても貴重な情報を得ることが出来た、

とのコメントをいただきました。

posted by シニア市場調査 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 調査実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

住いに関する調査に協力

今回は、大手新聞社から、シニアの住宅事情とこの先の
理想居住空間についてグループ・ヒヤリングをしたいという
ものでした。

 新聞社3A.jpg   新聞社1A.jpg 


当日は、協力を申し出たモニター6名が主催者の会議室に集まり、
モデレータ役の松本理事長の司会進行で2時間あまりの
ディスカッション。いつもながら、闊達なやり取りがなされ、
時には議論が白熱する場面もありました。

65歳〜75歳という年齢層のモニターからは、異なる家庭環境も
反映され、多様な意見やコメントが出てきました。Ryoma21
「りさち」が、モニター募集だけでなく、進行表の作成や当日
の進行役までを担当するのは初めてでしたが、きちんと役割は
果たせたと、思っています。

ご協力いただきました皆さまには、ここに改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

「りさち」は今後も、企業などからのシニアの状況調査の依頼を
積極的に受けていきます。皆様のお知り合いで、そうしたご要望が
ありましたら、ご紹介をよろしくお願いします。

posted by シニア市場調査 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

食用油の使用実態調査に協力

シニアの食用油使用状況に関する調査に協力しました。

大手企業のマーケティング・チームから調査依頼があり、
会員に呼びかけて、7月、「食用油のシニア使用実態」の
グループ・インタビューを実施しました。若い層とは
違ったシニアのオイルに対するこだわりや意見を知って
もらうよい機会となりました。
 
今回は、モニター6名に、自分が現在使っているオイルや
料理の写真、事前アンケートを提出してもらいました。
当日は、主催者がまとめた資料を中心に、各自が
「我が家では、オリーブオイルをこんな料理に、このように
使っている」などを説明。

       りさち写真D.jpg 

ヒヤリングは座談会方式で 進められ、約2時間、
各々のユニークな使い方が発表され、闊達な
意見交換がなされました。
 
提出された料理の写真と使用したオイルの例から:

JYさん:アヒージョ(オリーブオイル) 

           image4.jpeg
        
MIさん:トマトのスムージー(エゴマ油)
  
          image2.jpegimage3.jpeg
                                                       
         
YNさん:ほうれん草の和えもの(エゴマ油) 

          image6.jpegimage5.jpeg
   
YKさん:ラタトゥユ(アボカドオイル&アマニオイル)
   
         image7.jpegimage8.jpegimage9.jpeg

MKさん:チアシード入りヨーグルト(アマニ油) 

           image11.jpegアマニ油商品(MK).jpg
  
SIさん:鰹節おにぎり(オリーブオイル)

           image10.jpgimage12.jpg

最後に、自由な質疑応答時間が設けられ、座談会は
無事終了。

「参加者の皆さんのオイル、とりわけ、
グレープシード油やアマニ油など、日本ではまだ認知度の
低い商品の積極的な情報収集や、ブランド名よりも
成分内容を優先に選択するなど、食や健康に対する意識の
高さに感心しました」とは、主催者のコメント。

主催したマーケティング・チームは、この座談会の様子や
チームとしての分析と考察を冊子にまとめ、社内報に載せ
配信したそうです。情報が社外秘のため、冊子は掲載
できないのが残念です。

モニターとしてご協力した会員からは、「いつも家でやって
いることを気ままに発表しただけ。でも、他の参加者から
アイデアや貴重な情報、ヒントをゲット出来、有意義な
時間で、楽しかったです。お小遣いも頂けたし!」 と
笑顔でコメント。
お疲れさまでした!

posted by シニア市場調査 at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

セミナーのセッションでお話くださる一人暮らしの50代・60代の男女を募集しています!

6月に開催される「おひとり様市場を探る」セミナーで、後半のセッション部分に登場してくださる方を募集しています。
ご本人はもちろん、ご家族やお知り合いで心当たりがある方はぜひ、ご紹介ください。

【募集概要】

シニア向けビジネスに関心がある企業や団体の担当者が受講する「おひとり様ニーズ発掘セミナー」で、一人暮らしの不便や要望、暮らしぶりなどをお話いただける方を探しています。質問に答えていただく方式で行いますし、ありのあままの率直なご意見がほしいので、準備は必要ありません。

◆開催日時:
 6月18日(木) 15:00頃集合、17:00終了予定
 時間は多少前後することがあります。

◆会場:
 都内予定(参加が決まった方に直接お知らせします)

◆募集人数:
 50代男性、60代男性、50代女性、60代女性
 (人数は後日確定します)

◆参加者謝礼:
 おひとり9,000円(交通費込み)

◆応募方法
 お名前、年齢、連絡先(電話番号、E-mail)を、担当 山岡(daisuke@ryoma21.jp)までお知らせください。

◆応募締め切り:6月11日(木)

◆その他
・応募多数の場合は、主催者が選ばせていただくことがあります。
・参加していただく方には、追って詳細を直接お知らせ致します。
・個人情報は厳重に管理し、このセミナーの連絡以外に利用しません。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

posted by シニア市場調査 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | モニター募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

サプリメントに関するグループインタービュー募集のご案内

サプリメントを飲んでいる方で調査に協力していただける女性を募集!

青汁とグルコサミンを継続して服用している女性を募集します。
応募者は、メーカーが行うグループインタビューに参加していただきます。

@グルコサミンを飲んでいる55歳〜75歳までの女性
 募集人員:6名
 開催日時:1218日(木)13:3015:30

A青汁を飲んでいる55歳〜75歳までの女性

募集人員:6名
開催日時:1219日(金)10:0012:00

B青汁を飲んでいる55歳〜75歳までの女性

募集人員:6名
開催日時:1219日(金)13:3015:00

上記@Bの会場はいずれも都内中心部の予定


謝礼:お一人8,000円(交通費込み)

応募方法:参加ご希望の日程、お名前、年齢、連絡先(電話番号、E-mail
を、山岡(daisuke@ryoma21.jp)までお知らせください。

応募締め切り:125日(金)

Ryoma21
の会員ではなくても応募できます。
友人・知人で該当する方がいましたら、ぜひお知らせください。

なお、応募多数の場合は、年齢などを考慮して、調査会社が選ばせて
いただくことがあります。参加していただく方には、追って詳細を
お知らせ致します。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

posted by シニア市場調査 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

シニア市場調査「りさち」のパンフレットが完成しました

 シニア市場調査「りさち」は、主に企業などから委託を受け、シニア向け製品やサービスに関するシニア自身の意見を聴くためのお手伝いをしています。

 Ryoma21の調査事業は、設立当初から、シニアビジネスに関心の高い調査会社やコンサルティング会社、企業からの依頼を受けた時に、受託してきました。

 
このほど事業に力を入れるべく、専用のパンフレットを作成しました。完成したのがこのパンフです。PDFで大きくして見ることができます。

 130424三つ折り原稿a.jpg 130424三つ折り原稿b.jpg


 @ 2013表面.pdf
  (パンフは三つ折りですので、内容の位置が前後しています)
 A 2013中面.pdf

≪企業や調査会社の皆様≫
 資料のご請求、シニアマーケットに関する調査のご相談は、遠慮なくお問い合わせください。ご連絡は下記まで。
 Roma21事務局 
info@ryoma21.jp
   シニアマーケット担当・山岡 daisuke@ryoma21.jp

≪会員の皆様≫
 活動を理解していただくために、会員継続や総会のお知らせに同封して1部送りしています。このような事業を利用したいという企業様などをご存じでしたら、ご協力をお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  

posted by シニア市場調査 at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

シニア市場調査のオリジナル名称が決定しました!

Ryoma21の各サークル・プロジェクトには、ユニークな名前がついています。たとえば、ジャズ同好会「J」、パソコンサークル「さくさく」、まち歩き・食べ歩き「くうかい」、茶道クラブ「凛」、聞書きの会「ききがきすと」などです。

そこで、シニア市場調査にもオリジナルの名前をつけることになりました。
その名前は... 「りさち」 です。
正式なプロジェクト名称は、シニア市場調査「りさち」 となりました。

お察しのように、この名前は「リサーチ」をアレンジしたもの。堅苦しい活動に思われがちな活動ですが、親しみやすい名称で活動していきたいと思います。

なお、2012年より、この活動のリーダーは山岡大介(
daisuke@ryoma21.jp)が勤めています。
質問、問い合わせは山岡までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

posted by シニア市場調査 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

家庭菜園ツールの調査に協力しました

2012年9月、通信機能を活用した家庭菜園ツールの調査に協力しました。

節電の影響もあって、今年の夏はゴーヤや朝顔など、窓辺の植物が人気だったようです。また、シニア世代には市民農園などを借りて、野菜を育てるのもブーム。そこにはいろいろな問題もあるようです。そんな不便や苦労を解消して、家庭菜園をもっと楽しむためのツールが考案されています。

なるほどねえ。調査に協力したメンバーも、いろいろあるもんだと感心していました。
協力したツールが店頭に並ぶ日が楽しみです。

posted by シニア市場調査 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 調査実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

積水化学工業の調査に協力しました

積水化学工業様のシニアビジネスに関する調査に協力しました。
この調査は有限会社アリアを通しての依頼。午前中5名、午後5名の50代、60代、70代のモニターがグループミーティングを行いました。

調査というと堅苦しく思いがちですが、積水さんのお気遣いもあり、リラックスした雰囲気で、忌憚のない意見を大いに交わしました。

詳しいレポートは下記のサイトをご覧ください。
http://www.arias.co.jp/news/2012/014.html

img014b.jpg

posted by シニア市場調査 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 調査実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

ローソンのお惣菜試食会に協力

協力先: コンビニエンスストア「ローソン」

条 件: 60歳前後の女性

ニター数:女性会員6

協力方法:ローソンのお惣菜、ご飯などを試食し、味つけや量などに
     関して意見を提示。また、シニア世代にコンビニ活用の
     意識を持ってもらうには、どのようなアプローチが必要か
     なども意見交換。


詳しい内容は、下記ページのレポートをご覧ください。
     http://www.arias.co.jp/news/2012/007.html

posted by シニア市場調査 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

シニアサロン開設

依頼主: 不動産業者(シニア向け新事業)

調査内容:シニアサロン開設に向けて、シニアの日常の過ごし方や
     サロンに対する
意識の予備調査

条 件: 60歳以上、フルタイムで仕事に従事していない男女

ニター数:男性会員8名、女性会員2

調査方法:個別の聴きとり調査(各モニタリングに1時間強)
     企画書や広告案に対する反応やコメントをまとめ、
     結果の分析と報告会

調査結果:市場調査の第1弾として少数意見をとりまとめ、
     それに基づいて依頼主は
対象サンプルを100人に拡大した
     インターネットアンケートに移行。

posted by シニア市場調査 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 調査実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

シニア世代の健康意識

依頼主: 大手製薬会社

調査内容:薬の認知度ならびにシニア世代の健康についての意識調査

条 件: 65歳以上の男女

モニター数:会員男性5名、会員女性5


調査方法:調査員との面談方式。約50
項目にわたる設問に答える。
     
個人の意見や考えを述べる個別聴きとり調査。1人約1
時間

調査結果:この結果に基づき、定量(多数)調査へ移行


posted by シニア市場調査 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 調査実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

60代女性向けのお菓子開発

依頼主: 大手菓子メーカー

調査内容:60歳代の女性をターゲットにしたスナック・菓子を新しく
     開発するのに伴い、意見を聴き、商品開発に反映させる


条 件: 60歳代女性、お菓子好き、自分で実際に店でお菓子を購入
     している方


モニター人数:10名。上記条件を満たす女性会員およびに男性会員の
     伴侶。交友関係者からも応募が
有り参加。


調査方法:グループインタビュー
     (2
グループに分かれ、約3時間弱の座談会形式)

調査結果:アクティブ・シニアの集まりであることから、ユニークな
     コメントも含め
様々な意見が出された。

posted by シニア市場調査 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 調査実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

シニア市場調査のモニターに登録しませんか

Ryoma21が最近手掛けた主な調査には、シニアサロン構想に関するもの、健康意識、そして、60代女性向けのお菓子開発などがあります。

調査は、個別インタビュー、郵送によるアンケート、グループインタビューなどの方法で行います。グループインタービュー形式で実施したお菓子調査では多くのモニターが求められ、会員の奥様や知り合いの方にもご協力いただきました。


Ryoma21は今後もシニアマーケット調査に協力していきます。また、新たな業界・分野からも依頼がくることが考えられます。こういった調査に興味のある方(会員でない方も可)は、ぜひ、ご登録ください。薄謝ですが、協力費(調査内容によって金額は異なる)があります。

◆申込み方法

 お名前、生年月日、メールアドレスを記入して、
 事務局(info@ryoma21.jp)までお申込み下さい。
 折り返し、受付のお返事をさせていただきます。



posted by シニア市場調査 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

シニアの状況や希望を正しく伝える仕事です!

「シニア市場調査」は、NPO法人シニアわーくすRyoma21の活動のひとつです。団塊向け、シニア向けという商品の多くが、実は、シニア世代の意向を反映したものではないということに、会員は気がついています。そこで、自分たちの状況や希望を正しくメーカーや提供者に伝える必要があると、活動を開始しました。

テレビの視聴率調査には60歳以上が含まれていないことをご存知ですか?
すでに65歳以上が人口の22%を占めている高齢社会日本にもかかわらず、マーケットは相変わらず若者志向です。

しかし、人口の多い団塊世代が60歳を迎え、2007年問題などと騒がれたことをきっかけに、シニア世代の動向に関心を持つ人たちが増えてきました。シニア世代が人口に締める割合が大きくなれば、マーケットも無視はできないのです。また、シニア世代は若者と違って、資金的に余裕があります。その購買力を期待したビジネスも増えています。

ただ、残念なことに、マーケット調査や分析手法は相変わらず、若者と同じ手法をとることが多いようです。すぐに反応し、すぐに次の流行に移っていく若者と、シニア世代の行動は違うのです。シニア世代は本当に自分が必要なものか、ほしいものかをじっくり見定めるため、動き出すのは遅いのです。でも、いいと思ったら、少々高いもので買います。そして、長く大事に使います。

こうしたシニア世代の行動様式をつかみ、本当に何を求めているかを知るマーケット調査が必要です。今出ているシニア向けの商品やサービスは、きちんとした調査をなされずに、「こんなものでいいのではないか」と憶測で判断したものだから、シニア世代の興味を引かず、結果として、売れないということになるのです。

当然ながら、シニアの市場調査の手法は若者とは違うはずです。マスでは計れません。今までの人生で、それぞれに経験を重ねたシニア世代はみな個性的です。画一的な商品は求めません。大事なのは、個々の思いを汲み取り、そこから共通項となるものを、どう見つけることができるかということでしょう。

Ryoma21のシニア市場調査は、数の多さによる分析ではなく、一人一人のシニア世代から聞き取ることで、生の声を反映させた調査を目指しています。そのような本当の声を生かした商品とサービスの提供をめざす企業や団体にお役に立つ方法を考えていきます。

興味のある方は、まずメールにてお問い合わせください。 info@ryoma21.jp

今までの調査実績ページは、ただいま作成中です。少々、お待ちください。

posted by シニア市場調査 at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | シニア市場調査とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする