2016年12月11日

住いに関する調査に協力

今回は、大手新聞社から、シニアの住宅事情とこの先の
理想居住空間についてグループ・ヒヤリングをしたいという
ものでした。

 新聞社3A.jpg   新聞社1A.jpg 


当日は、協力を申し出たモニター6名が主催者の会議室に集まり、
モデレータ役の松本理事長の司会進行で2時間あまりの
ディスカッション。いつもながら、闊達なやり取りがなされ、
時には議論が白熱する場面もありました。

65歳〜75歳という年齢層のモニターからは、異なる家庭環境も
反映され、多様な意見やコメントが出てきました。Ryoma21
「りさち」が、モニター募集だけでなく、進行表の作成や当日
の進行役までを担当するのは初めてでしたが、きちんと役割は
果たせたと、思っています。

ご協力いただきました皆さまには、ここに改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

「りさち」は今後も、企業などからのシニアの状況調査の依頼を
積極的に受けていきます。皆様のお知り合いで、そうしたご要望が
ありましたら、ご紹介をよろしくお願いします。

posted by シニア市場調査 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧